ショールーム(新たな選択肢 編)

キッチンがやっぱり気になって、時間があるとプランと見積もりとにらめっこ。
雑誌を眺めてみたり・・・

次回の打ち合わせまでには、ある程度は考えをまとめておきたいのだけど
どのプランも「これ!」と即決できるものでなく、なんとなく迷い道の入り口に
立っているような気がしていました。

ちょうどあかねは保育園へ行っているし、気になるところはもう一度この目で
確認しよう~と思いたち、出かけることにしました。
TOTOのアドバイザーさんに電話をかけると商談中とのことで、時間を
ずらして伺うことになりました。

途中、ちょっと寄り道をしようと脇道に入ると、ふと目に入った看板。

「オリジナルキッチンショールーム お気軽にご覧下さい」

お気軽にご覧下さいって書いてあったよね??
・・・と思った時には、通り過ぎていたので、一回りして戻りましたよ。

中に恐る恐る入ると、女性スタッフの方が迎えてくれました。
「あの~、飛び込みなんですけど、ちょっと見せてください」と言うと
「どうぞ、どうぞ」といろいろと説明してくださいました。

中に展示されているキッチンはこんな感じ。
e0022374_8132271.jpg

e0022374_8133240.jpg


たまたま他にお客様もおられなかったので、いろいろとお話しできたのですが
なんだか、とってもいい感触でした。

天板はコーリアンという人工大理石が標準(もちろんステンレスもあり)であったり、
扉などの面材にこだわりを持ち、すべて木を使用しています。
システムキッチンに良く用いられる樹脂の扉と比べると、質感が違います!!

私がなぜだか気になったのは、シンクなんです。(画像参照)
どうして、このシンクが気に入ったのか上手く説明できませんが・・・
良くあるM型やシステムキッチンのものとあまり違わないような気も
するんですが、どこかスッキリしていてお掃除もしやすそうで、
何かが違い、私のツボにハマッタ感じなのです。
「こんなシンクが良かったのさ~~~」って(笑)

アドバイザーさんにそう言うと、「このシンクにしたいからおたくに頼む」と
いうようなことを仰ったお客様もいらしたそうです。
すべて、宮崎にある自社工場で作るので極端な話ミリ単位のサイズ調整が
出来るんだそうです。そしてそのシンクのステンレスの厚さなんですが
普通の1.5倍くらいあるそうで、これも自慢の一品だそうです。

こちらのオリジナルキッチンは、システムキッチンのようなあっと驚くような
仕掛けや目をひく仕様はないのですが、必要最小限ではあるが
無駄のない提案がされていると感じました。

同年代と思しきアドバイザーさんとお話をしていると、とても楽しくて
キッチン以外の話でもついつい盛り上がってしまいました。

一応、プランニングと見積もりをお願いしてお店をあとにしました。

時計を見ると、あかねのお迎えの時間にギリギリ間に合うかという時間。
もうTOTOさんへ行く時間はありませんでした。

今日は、思いも寄らない偶然の出会いがありました。
どう転ぶかは分かりません。
しかし、また新たな選択肢が増え、きっと頭を悩ませるかも知れないけれど、
これもキッチン選びの楽しみだと思って楽しもうと思います!!
[PR]

by taka93akane | 2007-01-25 07:53 | 家つくり